お子様の近視の進行を遅らせる目薬「マイオピン点眼」

軽度~中度の近視の方、6歳~12歳のお子様用の点眼です。
近視の進行を抑制し、数年間の継続使用をお勧めする自由診療の点眼薬です。

低濃度アトロピン点眼薬はシンガポール国立大学の臨床試験で近視抑制効果が証明されました。(Ophthalmology 2012;119(2):347-54)まだ日本では保険診療の対象となっておらず、自由診療の扱いになります。

シンガポール国立大学の臨床試験によるデータ

Chia A, Chua WH, Wen L, Fong A, Goon YY, Tan D. Atropine for the treatment of childhood myopia: changes after stopping atropine 0.01 %, 0.1 % and 0.5%. Am J Ophthalmol. 2014 Feb;157(2):451 457.e1. doi: 10.1016/j.ajo.2013.09.020. Chia A, Chua WH, Cheung YB, Wong WL, Ling ham A, Fong A, Tan D. Atropine for the treatment of childhood myopia: safety and efficacy of 0.5%, 0.1 %, and 0.01 % doses (Atropine for the Treatment of Myopia 2). Ophthalmology. 2012 Feb;119(2):347 54. doi: 10. 1016/j.ophtha.2011.07.031.
Tong L, Huang XL, Koh AL, Zhang X, Tan DT, Chua WH. Atropine for the treatment of childhood myopia: effect on myopia progression after cessation of atropine. Ophthalmology. 2009 Mar; 116(3):572 9. doi: 10.1016/j.ophtha.2008.10.020. Epub 2009 Jan 22.
Chua WH, Balakrishnan V, Chan YH, Tong L, Ling Y, Quah BL, Tan D. Atropine for the treatment of childhood myopia. Ophthalmology. 2006 Dec;113(12):2285 91. Epub 2006 Sep 25.

近視の進行を抑制する事が大切な理由

お子様の眼軸長(眼球の奥行)が成長と共に伸びる事でピント位置がずれ、近視が生じる場合が多くあります。
一度伸びた眼軸長は戻りません。近視の進行抑制には眼軸長を伸ばさないことが重要になります。

軸性近視のイメージ図軸性近視のイメージ図

この治療は1日1回の点眼だけですので手間がかからず、お子様でも継続しやすいと思われます。

エビデンス

「本邦においても全国7大学で多施設共同研究(ATOM-J)が行われ、0.01%アトロピン点眼群ではプラセボ点眼の対象群と比較して有意な近視進行抑制効果と眼軸長伸抑制効果が確認された。その概要については既に学会報告がなされてる」(Hieda O, et al. The 17th International Myopoa Conferene, Tokyo,2019)(木下茂ほか。第73回臨床眼科学会、京都、2019)

本治療は近視の進行を抑制するものであり、近視が全く進行しないわけではありません。また有効性を確認できなかった割合が20%弱あったとの報告もあります。